集中力を持続させる方法

注意がそらされる要因を排除する

人によって聴覚過敏があったり周りの物音が気になりやすい人だったりと集中力を持続させる力は異なります。

しかしどんな騒音や周りの影響にもどうじないという人はいないでしょう。
そのため持続力を高めるには注意がそらされる要因を排除していくことが効果的です。
下記のような事を試してみてください。
「一日24時間」という限られた時間は平等ですが、集中力を高めることで、その時間の
中身は濃くなり、時間を有効活用することにつながるのです。

パソコン、テレビのない
部屋で作業する
もちろんパソコンが必要な作業なら別ですが、テレビは注意がそらされやすいので 別の部屋がいいでしょう。
耳栓をする

無音環境で集中したいなら耳栓がいいです、ただし自分にあったものをつけないと防音効果が よわかったり違和感によって集中力が落ちます。

耳がかゆくなってしまう人はヘッドホンタイプもおすすめです。

ヘッドホンで音楽 作業に集中できる音楽を選べば手助けになってくれるはずです。
一般的にはクラシック音楽が集中にいいと言われています。
楽な姿勢をとる 人によってはイスがよかったり足がのばせるほうがリラックス
できたりするはずです。
どちらにせよつらい姿勢のままでは持続力が落ちてしまうでしょう。
室内の温度を最適にする 温度が高すぎて暑いと血圧が下がりダルくなってしまい、寒すぎると
血圧が上がり気が張ってしまいます。
エアコンなどで調整し、快適な温度に調節しましょう。
キリのいい
ところで終わらない

人の心理として、休憩の前にはキリのいいところまでやろう、と 思う人が多いと思いますが、キリのいいところまでやってしまうと 満足してなかなか作業に戻れない人もいると思います。

そこで、あえて中途半端なところで終えて、やる気のスイッチを 切らないようにしたほうが集中力は持続できるのです。

集中力を高める
サプリメント
注意欠陥障害(ADD、ADHD)とは 音楽や脳波
忘れ物の病気 勉強 ADDに効くサプリメント
集中と脳波 聴覚過敏について
TOP