勉強で集中とやる気を出す方法

休憩時間を決める

受験生などは一日に何時間も勉強のために机に向かうことがあるでしょう。

しかし、人間の集中力はそんなに長くは続かないので適度に休憩しないといけません。

また集中力がきれるまでがんばる、というやり方だといつの間にか効率が落ちて
いることも考えられるので、長くても1時間に1度は休憩をとったほうがいいです。

糖分を摂取する

脳は栄養として糖分を大量に消費します。

フル回転で活動した脳は運動をするよりもエネルギー消費が激しいといわれるほどです。
そのため頻繁に糖分を補給してあげると脳が活性化し集中力を保てます。

ローテーション方式

同じ教科ばかりをしていると段々やる気が下がっていきます。

しかし区切りをつけて別教科をローテーションでやるようにすればかなり長い時間
でも集中して勉強ができたりするのです。

作業場所を変える

いつも家でばかりなら図書館や学校の図書室など静かな所を見つけていつもとは
違う 環境でやってみるとまたやる気がわいてくる事も多いです。

サプリメント 注意欠陥障害(ADD、ADHD)とは 音楽や脳波
持続 勉強 ADDに効くサプリメント
聴覚過敏について 脳波 忘れ物の病気
TOP