注意欠陥障害(ADD、ADHD)とは、診断や症状、治療

概要

注意欠陥障害(ADD、ADHD)とは先天性の脳障害で、はっきりとした原因までは特定されていませんが、
主には遺伝により前頭葉部のセロトニン異常により起きるといわれています。

前頭葉は主に運動神経や人間的な行動、衝動に関連する脳の部位で、ここが異常なことにより相手の気持ちが
わからない、コミュニケーション障害などが起きる可能性がありますが、学校の成績など知能に関することは
ほぼ異常がないという症状を呈します。

セロトニンはストレスに対する耐性やドーパミンの制御などを行っている所でセロトニン不足により
集中力、注意力が持続しないため注意欠陥が発生するといわれています。

注意欠陥障害(ADD、ADHD)は治るのか

先天性の脳障害であり、病気ではないので治りません。また生活環境や育て方の影響もありません。
完全に生まれつきのものでずっとそのままです。

ただし年齢を重ねるごとに症状が軽快したり、薬によって症状を一時的におさえることはできるようです。

ただその薬は現在日本では取扱いされていないため、現実問題として治療は難しいようです。

ADDとADHDの違い

ADDは注意欠陥、ADHDはそれに多動が加わったものと言われています。

多動とは長時間じっとしていることが困難で公共の場でひとりごとをいったり走り回ったりと他人の迷惑を
考えずに行動してしまう症状です。

診断

ADDとADHDは普通の人とくらべて極度の注意欠陥障害があるため、仕事でミスを多発し、注意をうけることが
頻繁に起きるはずです。

病院では脳検査を行うこともありますが、おおむね自覚症状としてチェックリストをつけてもらうことで
異常なレベルなのか、ただの不注意レベルなのかがわかります。

ADDやADHDでない人からは障害であると理解されることもまずないので一人で思い悩むこともあります。
あまりにも不注意による失敗が多い場合は一度病院へ行かれることをおすすめします。

集中力を高めるサプリメント ADD、ADHDとは 音楽や脳波
持続 勉強 ADDに効くサプリメント
聴覚過敏について 集中と脳波 忘れ物の病気
TOP